念力わたがし、完成!

これまで3回に分けて書いてきた「インタラクティブわたがし」の最新バージョンが完成しました。

テーマは念力です。ザラメが入った容器を回すように手首をひねると、深度カメラが親指と小指の立体的な位置を取得し、角度に応じて容器が回転し、ザラメがこぼれ落ちます。開発段階では脇に確認用のモニタを置いてましたが、モニタを隠して、ちょうどいいポイントを探りながら指を動かしているときの表情は、まさしく念力。

一見、不思議な組み合わせに見えるかもしれませんが、食べ物とジェスチャー入力は無限の可能性があると考えています。汗まみれの指で券売機のボタンを押したり、焼酎の水割りを「ストップって言ってくださいね」「ストップ」「濃すぎだよー」とか言ってるのは、未来にはジェスチャーに置き換わっているかもしれません。

当初はKinectを使って、ジェスチャーでザラメの比率をコントロールしていたのですが、展示会の人混みではコントロールしにくかったり、色々と課題がありました。インテルのPerceptual ComputingというKinectに比べ至近距離の奥行きを扱える深度カメラを触る機会があり、これは旧版の課題をクリアできるのでは?と試してみたら、相性バッチリ。デバイスもコンパクトなので、これまでザラメ出力と綿菓子機を別々に配置していたものを、綿菓子機の上に置けるように改造し、一体感のあるデバイスに仕上がりました。

動画はこちら。

広告
念力わたがし、完成!

念力わたがし、完成!」への1件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中