判定ショコラティエをMashup Award 2nd Stageでプレゼンしてきました

Mashup Awardは400件を超える応募作品が集まる、開発者の甲子園のようなコンテスト。判定ショコラティエも応募してましたが、なんと2nd Stageの55作品に勝ち残りました。

https://mashupawards.doorkeeper.jp/events/32921

事務局の方々が大量に写真付きツイートしてくださったので、自分たちの分のまとめと、凄いと思った作品を紹介します。

まず、こんなツカミ。何を言ってるんでしょう。

実演もしてきました。不思議と別製品との誤検知が多く、正常に検知したかと思ったらUSBシリアルが飛ばなかったみたいで・・・手でボタンを押しました。

とりあえず笑いを取ろうと思ったところで笑いを取れたのでよかったかな。多くの参加者にも応援(?)いただきました。

締めはムービーと同じく、この決まり文句で。

ここからは他作品を紹介します。

Picasoは、再生する動画に合わせて照明をコントロールするという仕組み。動画の解析をAlchemyでやっているとのこと。Finalに進んだClimixという漫画にBGMを合わせるサービスもそうだったが、システム側がタイミングまで合わせてくれるというのが新鮮。

PINCHは洗濯バサミに色々と仕込んだ作品。少し前のハッカソンでハンガーに仕込みをしたけど、洗濯バサミの方がバリエーションがありそう。

てくてくの書は、感熱ペーパーを熱くなった抵抗で熱して文字を浮かび上がらせるという仕組み。最後にイベントの参加者に記念に渡せるのが面白い。

しゃべる○○君は、製品にプロジェクション・マッピングする作品。プロジェクション・マッピングはステージでデモするのが難しいが、このチームはデモ用に巨大な暗室を持ち込んだ気合の入りよう。

今回、いちばん腹を抱えて笑ったのがビビビコントローラ。まさか、そんな方法で相手を振り向かせるとは・・・

SHAKIN’はライブでスマートフォンを振るとアーティストにリアルタイムに伝わる仕組み。本物のアーティストが歌い、会場左右に分かれてスマートフォンを振って競い、勝った方に大量のマシュマロを飛ばすという大掛かりなデモ。中西さん、すごいなぁ。

Mashup Awardが面白いのは、何をマッシュアップして、この仕組みを作り上げたのかオープンに語ってくれる人が集まっているところ。もちろんプレゼンではシステム構成だけでなく、ユースケースなども含め5分に収めないといけないけど、懇親会で、どういうライブラリを比較検討したとか、コアな話も聞ける。

来年も2ndまで残れる素敵なアイデアに恵まれますように。

広告
判定ショコラティエをMashup Award 2nd Stageでプレゼンしてきました

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中