Maker Faire Tokyo 2017でポップコーンを展示

今年もMaker Faire Tokyoで展示してきました。前のエントリで予告したとおり、①ヒートガンでポップコーンを作り、②動画と連携してキャンディーを砕いてポップコーンをカラフルにするという展示をして、同じテーブルで展示していたHoloLensで磁界を見るという展示と合わせて、多くの来場者に見ていただくことが出来ました。

ヒートガンでポップコーンを作る方は、鹿児島でモノつくりスペースTUKUDDOを運営している古川さんが担当。4月に私が法事で鹿児島に行った際に寄った際に、ヒートガンでポップコーンを作ってくれたのがきっかけで、そのまま勢いでMaker Faire Tokyoにエントリしたわけですが、何度も改良を重ね、弾けたポップコーンが手前の籠にうまく収まるようになったそうです。

動画にも写ってるように、消防庁からも許可を貰っています。今回、フード系エリアが新設され、食品や危険物のハードルもぐっと下がりました。(事務局は大変だったろうなぁ)

もうひとつが、私が担当したポップコーンに色を付ける装置。ソレノイドを使ってキャンディを砕き、粉状になったキャンディを熱してポップコーンに色を付けるのですが、そこにsrt.jsを使って一工夫。こんな感じの説明になりました。

私:ポップコーンに色を付けるため、色付きのキャンディを装置にセットします。

来場者:なるほど

私:この装置にはスイッチはありません。スイッチの代わりに、動画を再生します

来場者:は?

ピコ太郎:I have a pen

ソレノイド:ガシャ(飴を砕く音)

来場者:お!

ピコ太郎:I have a apple

ソレノイド:ガシャ(飴を砕く音)

来場者:な、なるほど!

ピコ太郎&私:apple pen

ソレノイド:ガシャ(飴を砕く音)

私:こんな感じで動画を再生しながら気長に待ってると飴が粉状になりますので、これを使って心を込めてフライパンで熱してポップコーンに色を付けてます

来場者:あ、そこは手作業なんですね

mft.png

最初に試作してたときは飴が数回で粉々になってたのですが、電源やら色々と変えてるうちに飴に衝撃が伝わりにくくなって、苦肉の策でピコ太郎と連動させてみたのですが、逆に功を奏して海外の方にも面白がっていただけました。

あと、誰のスマートフォンで再生しても動くよう、ソラコムのSIMをRaspberry Piに挿して、インターネット経由でソレノイドの操作コマンドを受け取るように作り込んでたのですが、ほとんど気付かれなかったですね。このあたりの仕組みは、そのうちQiitaあたりに書きます。

色々とブラッシュアップする要素もありますので、また、お目にかかれるようにできたらと思います。

一緒に展示してた植田さんのHoloLensはこちら。

http://blog.jp.feelphysics.education/entry/2017/08/02/122754

追記:関連ツイートを、こちらにまとめています。

https://matome.naver.jp/odai/2150194027828112901

 

広告
Maker Faire Tokyo 2017でポップコーンを展示

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中